大阪の歯医者を探す際のポイントは受付の対応が丁寧かどうか

SITEMAP

歯医者

歯医者での差し歯治療

ハートと歯のイラスト

虫歯になってしまうと、大阪の歯医者にかかって差し歯の治療をしてもらうこともあると思います。まず差し歯とは何かというと、歯の上の部分が虫歯になり、削り取るなどしてなくなってしまった際に残っている部分に差し込む歯のことであり被せ物とも呼ばれます。
また差し歯には種類があり、大きく分けるとプラスチックとセラミックの2つになります。それぞれの違いとしては、まずプラスチックは衝撃に耐えやすく割れにくい一方で、セラミックは耐久力が劣るため衝撃の大きさによっては割れることがあります。耐久性のほかに見た目で大きな違いがあります。プラスチックの場合、一目見ただけでプラスチックだとわかってしまうため、前歯の差し歯としてはおすすめできません。一方でセラミックは人間の歯と全く遜色ないため綺麗に仕上がります。
他にも違いはありますが、保険の適用ができるかできないかという違いがあります。治療において気になるのはその治療にかかる費用でしょうからこれが最も大きな違いと言えます。プラスチックの差し歯では保険が適用されるため、大阪の歯医者での負担額は一本につき3000円から1万円となりますが、セラミックでは保険が適用されないため、一本につき5万円から20万円と雲泥の差があります。メリット、デメリットを理解し予算と相談して大阪の歯医者で決めるべきでしょう。

お知らせ

2017年02月20日
歯医者での差し歯治療を更新しました。
2017年02月20日
歯医者での虫歯の治療法の選び方を更新しました。
2017年02月20日
歯医者で受けるホワイトニングの利点と欠点を更新しました。
2017年02月20日
良い歯医者選びのための3つのポイントを更新しました。