大阪の歯医者を探す際のポイントは受付の対応が丁寧かどうか

SITEMAP

歯医者

歯医者での虫歯の治療法の選び方

博士風な歯のイラスト

大阪の歯医者での虫歯の治療でまず選択されるのが銀歯による被せものです。しかし最近では、その他の治療法も選択される大阪の歯医者が多くなってきています。今回、銀歯とセラミックの治療の違いについてご紹介します。
まず、銀歯による治療です。銀歯は「金銀パラジウム合金」という素材で出来ており、耐久性に優れています。銀歯治療のメリットは、金属なので耐久性がある、保険適応なので費用が安いことです。銀歯治療のデメリットは見た目で銀歯が入っていることがわかってしまう、金属アレルギーのかたには使えない、銀歯の下で虫歯になることがあるなどです。
対して、最近ではセラミックによる治療が増えてきています。これはセラミックにレジンというプラスチックを配合したもので、見た目が通常の歯と似ています。セラミックのメリットは見た目が歯に似ていてきれい、歯との接着が強固なので隙間で虫歯になりにくいことです。セラミックのデメリットは耐久性が銀歯に劣るため破損する場合がある、かみ合わせによって摩耗しやすい、保険適応外なので費用が高額などです。
このようなメリットとデメリットがあるので、前歯など目立つ場所はセラミック、奥歯などしっかり噛む場所は銀歯といったように大阪の歯医者で使い分けをすると良いかもしれません。

お知らせ

2017年02月20日
歯医者での差し歯治療を更新しました。
2017年02月20日
歯医者での虫歯の治療法の選び方を更新しました。
2017年02月20日
歯医者で受けるホワイトニングの利点と欠点を更新しました。
2017年02月20日
良い歯医者選びのための3つのポイントを更新しました。